本郷三丁目駅より徒歩5分
御茶ノ水駅より徒歩10分

 03-5684-2333

本郷三丁目駅より徒歩5分
御茶ノ水駅より徒歩10分

CS眼科クリニック

斜視

斜視とは

斜視は目の位置(眼位)の異常で、両目で物を注視した際に左右で目の位置がずれている状態(左右の眼が異なる方向を向いている)を言います。子どもの時から斜視がみられる場合は、斜視が起きている目の方に抑制がかかるようになるので、両眼視機能の発達が妨げられる可能性があります。大人になってから斜視を発症した場合は、物が重なって見えるなどの症状が出ます。

斜視にはいくつか種類があります。例えば、黒目が内側を向く内斜視、外側を向く外斜視があります。また、斜視のある方の眼が上を向いていると上斜視、下を向いていると下斜視、外方へ回旋していれば外方回旋斜視、内方へ回旋していれば内方回旋斜視と診断されます。

子どもの内斜視の原因としては、生後6ヵ月以内に発症する乳児内斜視(先天内斜視)、2~3歳頃に発症する遠視のために起こる調節性内斜視などが考えられます。外斜視については、外斜視が出現する時としない時がある間欠性外斜視と、常にどちらかの視線が外側に向いている恒常性外斜視とがあります。間欠性外斜視は日本人にもっとも多く見られる斜視です。

斜視画像

検査について

斜視かどうか心配という場合は、視力検査をはじめ以下の検査を行います。

屈折検査

遠視・近視・乱視などを調べる検査で、屈折の異常による斜視の可能性を調べます。内斜視の場合には、ピントの調節を麻痺させる目薬を自宅でさしていただいたうえで調べる必要があります。

眼位検査

両目の位置関係を調べます。ペンライトで目を照らす、片目を遮閉して反対目の動きを観察する、プリズムを使って目のずれの角度を測るなどします。

眼球運動検査

目を動かす際の筋肉の動きを調べる検査です。

両眼視機能検査

両目を使ったときの立体感などを調べます。

斜視の治療

このように斜視には様々なタイプがあり、遠視が原因の斜視ということであれば凸レンズによる矯正(眼鏡を常にかける)で治ります。眼鏡で治らない斜視については手術療法・ボツリヌス毒素注射が有効です。

手術治療

治療の内容は、主に外眼筋(目を動かす筋肉)の張力を調整するというもので、外眼筋6つの筋肉(内直筋、外直筋、上直筋、下直筋、下斜筋、上斜筋)のうちどれかを後ろにずらす、もしくは縫い縮めるなどしてバランスを整え、目の方向を変えていくというものです。

なお斜視の手術を行うことによって、眼位ずれの角度は減りますし、ずれたとしても目立たなくなります。また手術の回数に制限があるわけではないので、再び斜視がみられたとしても再び手術をすることは可能です。保険診療が適用されますので、それほど費用の負担に悩まずに済みます。

斜視の治療に関しては当院長が対応しますが、手術が必要と判断した場合は、東京日帰り手術クリニックにて、当院長が行います。詳細につきましては、手術療法が決定した時点で丁寧にご説明します。

東京日帰り手術クリニックはこちら

ボツリヌス毒素注射

ボツリヌス毒素注射画像

2015年より、斜視に対するボツリヌス毒素注射が保険適用となりました。外眼筋にボツリヌス毒素を注射することで、その筋の収縮力を弱め、筋を後ろにずらす斜視手術に似た効果を得ることができます。この治療法のいい点は、手術と違って侵襲が少ないことです。注射後に目が真っ赤になったりごろごろしたりしないので、通常の日常生活を送ることができます。ただし薬の効果が3カ月程度ですので、小さいころからの斜視の治療には通常適しません。成長してから発症した斜視で、ものが二重に見えている場合には試すとよい方法です。

「スマホ内斜視」といわれる、スマートフォンの長時間使用をきっかけに、特に遠くでものが二重に見えるようになってしまう状態があります。このような斜視は、外眼筋へのボツリヌス毒素注射で良くなることがあります。

当院でこの治療が行えます。斜視の経過を丁寧にうかがい、検査のうえ適応を判断しますので、受診のうえ当院長までご相談ください。

人の印象に影響する斜視

斜視は外見的にどのような影響があるのでしょうか。
スイス・ザンクトガレンの病院Kantonsspitalの神経眼科医であるDaniel Stephane Mojon博士らによる研究で、お子さんに斜視がある場合、6歳から同年代の子どもの斜視に気づかれるということが報告されています。

これはBritish Journal of Ophthalmology誌に掲載されたもので、Mojon博士らは3~12歳の子ども118人に対し、6組の一卵性双生児の一方にそれぞれ内向きもしくは外向きの斜視があるようにデジタル加工した写真を見せていきました。118人の子どもは、眼科へ来院した患者(斜視ではない)もしくは患者のきょうだいだったわけですが、さらに「双子のうち、どちらの子を自分の誕生日パーティーに呼びたいか」というお題を設けて4組の双子の写真(一方が斜視)を見せ、計4人呼ぶよう選んでもらいました。するとその結果として、6歳以上の子どもでは明らかに斜視のある子どもは選ばれなかったそうで、それにはシャツの色や斜視の種類は全く影響しなかったそうです。

なお誕生会へ招くとした4人のうち、斜視の子どもを1人も選ばなかったのは6歳以上で18人(37.5%)、6歳未満では1人(0.3%)、斜視の子4人すべてを誕生会へ招くとしたのは、6歳以上で0人(0%)、6歳未満で9人(29%)だったそうです。また、選び終わった後に「双子について何か気付いたこと」を子どもに聞き、眼位ずれを指摘したのが6歳以上で48%、6歳未満で19%でした。さらに写真の目をよく見るように子どもに促した後、眼位ずれに気づいたのは、6歳以上で77%、6歳未満で39%だったということです。

これらの結果を踏まえてMojon博士らは、「斜視の子どもが斜視でない子どもと比べ、同年代の子どもたちから受け入れられにくい傾向を示している」と指摘し、多くの子どもが斜視の症状を気づくようになる6歳までには斜視の矯正手術を行うべきと述べています。

6歳までに手術できなくても、いくつになっても斜視の治療は可能です。目の位置ずれでお悩みの方はお気軽に当院長にご相談ください。

CS眼科クリニック
診療科目
一般眼科、小児眼科・斜視、網膜硝子体、緑内障、眼科成人検診、コンタクト処方
住所
東京都文京区本郷3-15-1 美工本郷ビル8F
最寄駅
東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線
「本郷三丁目駅」より徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線・JR
「御茶ノ水駅」より徒歩10分
電話番号
03-5684-233303-5684-2333
予約なしでも受診できます
初めてのコンタクトレンズ装用をご希望の方は、お電話でのご予約をお願いいたします。

受付時間

9:45~13:00 ※※
14:00~17:15

休診日 火・日・祝
※第1,3月曜日午後 順天堂大学医師による診察となります。
※※第1,3,4金曜日午前 順天堂大学医師による診察となります。
☆16:15受付終了です。

ACCESSMAP

地図 >>Googlemapで見る

クリニック外観

クリニック外観 駅から動画