本郷三丁目駅より徒歩5分
御茶ノ水駅より徒歩10分

 03-5684-2333

本郷三丁目駅より徒歩5分
御茶ノ水駅より徒歩10分

CS眼科クリニック

コンタクト処方

コンタクトレンズ処方とは

コンタクトレンズも眼鏡と同様に近視、遠視、乱視などを視力矯正するための補正レンズになります。同レンズの特長は、角膜上に直接レンズを置く仕様になっているので、フレームなどが気になって眼鏡をなるべく使用したくない方やスポーツをよくする方が装用することが多いです。このコンタクトレンズにつきましても当院で処方を行っています。初めてのコンタクト装用をご希望の方は、装用練習を行いますのでお電話でのご予約をお願いいたします。

同レンズの装用によって、鏡をかけることで感じるデメリットの大半は解消されるようになりますが、角膜いわゆる黒目の部分に直接レンズが接触するようになりますので、角膜を傷つける可能性(感染性角膜炎)、角膜が同レンズに覆われることで酸素供給不足となることで起きる角膜上皮障害、コンタクトレンズに花粉などが付着することで発症するアレルギー性結膜炎などに罹患するリスクが高くなります。なおコンタクトレンズは、高度管理医療機器です。そのため不適切な使い方をすれば上記な症状だけでなく、重大な眼障害を起こすことも考えられますので、コンタクトを希望される場合は、まず診察を受けるようにしてください。

当院では、視力低下の原因が他の眼疾患によるものなのか、患者様に同レンズの適正の有無も含めた検査から始めます。とくに問題がないと判断したら、コンタクトレンズ作成のための検査を行います。患者さんに合った処方箋をお出ししますので、当院で取り寄せの上購入していただくことが可能です。そのほかにも当院では、コンタクトレンズの使用方法も丁寧に説明するほか、装用後の定期検査もご案内しています。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ

コンタクトレンズは主に2つの種類があります。購入の際は、どちらかに決めておく必要がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

ハードコンタクトレンズ

その名称にある通り硬い素材でつくられています。レンズ自体のサイズは角膜の一部を覆う程度です。同レンズでは、高い度数のレンズも使用可能で、耐久性が高いというが利点があります。デメリットとしては慣れるまでに時間がかかる、ズレや脱落がしやすいということがあります。またハードコンタクトレンズは長期間使用するのが一般的なので、洗浄などのレンズケアをしていく必要があります。

ソフトコンタクトレンズ

水を含むことで軟らかくなる素材が用いられています。レンズ自体のサイズは、角膜全体を覆うほどのものです。同レンズは、装着後に覚える違和感にすぐ慣れる、ズレや脱落がしにくいという特徴があります。また選べるタイプが豊富で、1日装用限定の使い捨てタイプ、2週間で交換するタイプなどがあります。ただソフトコンタクトレンズでは、矯正力や耐久性といった点がハードコンタクトレンズと比較するとやや劣る、何か眼障害が起きている際に気づきにくいということがあります。このほか不正乱視を矯正することができません。

CS眼科クリニック
診療科目
一般眼科、小児眼科・斜視、網膜硝子体、緑内障、眼科成人検診、コンタクト処方
住所
東京都文京区本郷3-15-1 美工本郷ビル8F
最寄駅
東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線
「本郷三丁目駅」より徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線・JR
「御茶ノ水駅」より徒歩10分
電話番号
03-5684-233303-5684-2333
ご予約のかたが優先です
初めてのコンタクトレンズ装用をご希望の方は、お電話でのご予約をお願いいたします。

受付時間

9:45~13:00 ※※
14:00~17:15

休診日 火・日・祝
※第1,3月曜日午後 順天堂大学医師による診察となります。
※※第1,3,4金曜日午前 順天堂大学医師による診察となります。
☆16:15受付終了です。

ACCESSMAP

地図 >>Googlemapで見る

クリニック外観

クリニック外観 駅から動画