本郷三丁目駅より徒歩5分
御茶ノ水駅より徒歩10分

 03-5684-2333

本郷三丁目駅より徒歩5分
御茶ノ水駅より徒歩10分

CS眼科クリニック

緑内障

緑内障とは

緑内障画像

眼圧の上昇や視神経が元々弱いといったことから視神経(視覚情報を目から脳に送る神経)が障害を受けるようになり、少しずつ視野が欠ていくのが緑内障です。視野の欠け(視野欠損)に気づく頃には病状は大分進んでいるという、失明のリスクもある病気です。なお一度視野が欠けてしまうと、その部分が回復することはありません。日本人が中途失明する原因の第一位でもあります。

先にも触れましたが、視神経がダメージを受けることで視野障害が起きるのが緑内障で、その原因としてよく挙げられているのが眼圧の上昇です。眼圧とは眼球にかかる圧力のことで、通常は目の中を循環している房水(角膜や水晶体をきれいに維持したり、栄養を与えたりする体液)によって一定に保たれています。しかし何らかの原因で、その循環が阻害されると眼内で房水量は増え、眼圧は上昇していきます。この状態になると視神経乳頭は圧迫され、やがて視神経が障害を受けるようになるのです。ただ、多くの場合、緑内障の視野障害は時間をかけてゆっくりと進行していくので、視野が欠けているなどの自覚症状が初期の時点で気づくことは困難です。そのため、ある程度視野障害が進んでから気づく例が大半です。なお、眼圧の上昇がなくとも視神経が損傷を受けて発症する緑内障もあります。この場合は眼圧検査をしても異常は確認できませんが、眼底検査を行うことで診断をつけられるようになります。

以下の症状に心当たりがあれば、ご相談ください(例)

  • 見えない場所(暗点)が視野の中にある
  • 見えている範囲や視野が狭くなっている気がする
  • 眼痛や頭痛、吐き気がある(急性緑内障発作) など

緑内障のタイプについて

緑内障には、原発性緑内障、他の疾患や薬剤の使用などに起因して発症する続発性緑内障(ぶどう膜炎などの眼疾患、糖尿病、薬物使用(ステロイド、外傷 など)、発達緑内障(先天的な隅角形成異常などが原因)があります。

原発性緑内障ではさらに2つに分類されますが、その1つが原発開放隅角緑内障です。これは房水が線維柱帯などの箇所で詰まることで排出しにくくなって眼圧が上昇するタイプです。しかし、房水の流出路となっている隅角(眼球の角膜と虹彩が接する部分)は閉塞されず、開放されています。なお自覚症状がほぼありません。そのため放置されやすく、症状がかなり進んでから視野の欠損や視力低下に気づくという例が多いです。また原発開放隅角緑内障の一種で、眼圧が正常(適正)とされる範囲内(10~21mmHg)に収まっているのに視神経がダメージを受けていることもあります。これを正常眼圧緑内障と言います。この場合は、視神経乳頭の脆弱性などが原因と考えられています。正常眼圧緑内障は日本人の緑内障患者さんの中で最も多いタイプとされています。

もうひとつのタイプが、原発閉塞隅角緑内障です。これは隅角が閉塞することで発症する緑内障で、他の病気とは関係なく隅角が閉塞し、そのうち線維柱帯も塞がることで房水は流れを妨げられるようになります。その結果、眼圧は上昇し、視神経が障害を受けるようになります。この場合はゆっくりと病状が進む慢性緑内障だけでなく、正常だった隅角が急激に閉塞することで発症する急性緑内障発作(眼圧の上昇が突然起き、眼痛をはじめ頭痛や吐き気の症状が現れる)が起きることもあります。

治療について

緑内障が疑われると、問診、視力検査のほか、どのタイプの緑内障かを調べる検査(眼圧検査、隅角検査 など)、緑内障の進行状態を調べる検査(視野検査、眼底検査、OCT)を行います。

緑内障と診断を受けると速やかに治療が行われますが、その内容は進行具合によって異なります。具体的には、点眼薬による薬物療法、レーザー治療、手術療法になります。ただ多くは眼圧を下げる効果あるとされる点眼薬(「房水の産生を抑える薬」、「房水の流出を促進させる薬」など)による薬物療法からになります。

点眼薬のみでは効果がないと判断すれば、レーザー治療(レーザー虹彩切開術、またはレーザー線維柱帯形成術)や手術療法(線維柱帯切除術、または線維柱帯切開術)の適応となります。それらによって房水を眼外に流れやすくし、視神経がダメージを受けにくい状態にします。

CS眼科クリニック
診療科目
一般眼科、小児眼科・斜視、網膜硝子体、緑内障、眼科成人検診、コンタクト処方
住所
東京都文京区本郷3-15-1 美工本郷ビル8F
最寄駅
東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線
「本郷三丁目駅」より徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線・JR
「御茶ノ水駅」より徒歩10分
電話番号
03-5684-233303-5684-2333
予約なしでも受診できます
初めてのコンタクトレンズ装用をご希望の方は、事前のご予約をお願いいたします。

受付時間

 
9:45~13:00 ※※
14:00~17:15

休診日 火・日・祝
※第1,3月曜日午後 順天堂大学医師による診察となります。
※※第1,3,4金曜日午前 順天堂大学医師による診察となります。
☆16:15受付終了です。

ACCESSMAP

地図 >>Googlemapで見る

クリニック外観

クリニック外観 駅から動画