本郷三丁目駅より徒歩5分
御茶ノ水駅より徒歩10分

 03-5684-2333

本郷三丁目駅より徒歩5分
御茶ノ水駅より徒歩10分

CS眼科クリニック

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂画像

何らかの原因によって上まぶたが垂れ下がってしまい、眼が開きにくくなって物が見えにくい、視界が狭いといった状態になるのが眼瞼下垂です。

眼瞼挙筋と呼ばれる、まぶたを上げる際に使われる筋肉や腱が加齢のために緩んでしまう加齢性下垂をはじめ、コンタクトレンズを長年装用している方でレンズを外す際にまぶたを引っ張ることなどが原因のコンタクトレンズ性下垂、先天的に眼瞼挙筋の働きが良くないことでまぶたが開きづらい先天性下垂といった原因が考えられます。

眼瞼下垂の症状が現れるようになると、まぶたが開かないことで遮られる視界を確保しようと眼瞼挙筋以外の筋肉で無意識にまぶたを上げようとするので、額にシワが寄る、慢性的な瞼を開ける努力によって頭痛や肩こりがひどくなるといった症状が現れ、そのほか二重の幅が広くなる、顎を上げて見るといったこともみられるようになります。

なお一口に眼瞼下垂と言いましても、上まぶたの縁が角膜(黒目)や瞳孔の間にかかっている軽度なものから、上まぶたの縁が瞳孔の上半分にかかっている中等度のもの、さらに瞳孔の下半分までかかっている強度な場合まで様々なケースがあります。日常生活に支障をきたしている(上まぶたの縁が目にかぶさるなどして見えにくい、下垂の状態がうっとうしい など)のであれば、手術療法が検討されます。また乳幼児に眼瞼下垂がある場合は、視力障害の可能性がない限りは、本人の成長を待ってから手術を行います。

治療について

手術は、局所麻酔下で行われますので、通院による日帰りとなります。加齢によって皮膚が垂れ下がっているのであれば、余分な皮膚を切除して縫合となります。眼瞼挙筋が弱っているのなら、緩んだ筋肉を縫い縮めることで眼瞼挙筋本来の機能を回復させる眼瞼挙筋短縮術を行います。当院長の手術では、出血が少なくて傷も小さくて済む炭酸ガスレーザーを使用します。手術時間につきましては、片眼で約20分です。

術後の注意点としては、個人差はありますがまぶたに腫れなどが見られるので、しばらくの間はサングラスを使用するようにします。腫れ自体は2~3週間ほどで引くようになります。また、手術で目がよく開く状態になりますが、その反面閉じにくい状態でもあるので目が乾きやすくなります。必要に応じて点眼薬を使用するようにします。このほか術後2週間ほど経過したら抜糸を行います。

手術翌日から洗顔や運転をすることは可能ですが、できれば2~3日は安静にし、目の周りを冷やす、患部は強くこすらないといったことが大切です。また飲酒や長湯、激しい運動は目の腫れを強くしかねないので、腫れが引くまでは控えるようにしてください。

CS眼科クリニック
診療科目
一般眼科、小児眼科・斜視、網膜硝子体、緑内障、眼科成人検診、コンタクト処方
住所
東京都文京区本郷3-15-1 美工本郷ビル8F
最寄駅
東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線
「本郷三丁目駅」より徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線・JR
「御茶ノ水駅」より徒歩10分
電話番号
03-5684-233303-5684-2333
予約なしでも受診できます
初めてのコンタクトレンズ装用をご希望の方は、事前のご予約をお願いいたします。

受付時間

 
9:45~13:00 ※※
14:00~17:15

休診日 火・日・祝
※第1,3月曜日午後 順天堂大学医師による診察となります。
※※第1,3,4金曜日午前 順天堂大学医師による診察となります。
☆16:15受付終了です。

ACCESSMAP

地図 >>Googlemapで見る

クリニック外観

クリニック外観 駅から動画